東京優駿(日本ダービー)

東京優駿(日本ダービー)

東京優駿(日本ダービー)

東京優駿(日本ダービー)

日本ダービーとは、東京優駿(とうきょうゆうしゅん)の副称。 日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝2400mで施行する競馬の重賞競走です。 一般的にはレース名の副称である日本ダービーの名で広く知られており、 現在の日本の競馬においてその代名詞とも言える競走です。 「競馬の祭典」という呼称もマスコミが広く用いています。 1932年(昭和7年)にイギリスのクラシック競走である ダービーステークスを範して創設された日本で 最も古くから同一条件で開催されている競走の一つです。 毎年5月末頃に開催され春の皐月賞、 秋の菊花賞とともに牡馬の三冠競走を構成されています。 出走資格は3歳の牡馬・牝馬の競走馬だけに与えられ、 ?馬(去勢された牡馬)は出走権がありません。 牝馬も出走可能だが前週に優駿牝馬(オークス)があるため、 出走することは稀です。 日本の3歳(旧4歳)馬の代表決定戦であり、 日本の全てのホースマンが憧れる最高の舞台といわれています。 また、騎手にとっては本競走を制すと晴れて ダービージョッキーの仲間入りを果たすことができます。 1973年(昭和48年)までは日本国内の最高賞金額で、 名実ともに日本最大最高の競走でした。 現在は賞金額においては国際競走であるジャパンカップ、 全ての馬に出走権のある有馬記念に次ぐ3番目となっています。 2010年(平成22年)から国際格付けで最高格となるGIとなったのです。 負担重量は定量で牡馬は57kg、牝馬は55kg。 2011年度現在の総額賞金は2億8600万円で1着賞金1億5000万円、 2着賞金6000万円、3着賞金3800万円、4着賞金2300万円、5着賞金1500万円と定められています。 1973年(昭和48年)までは本競走が日本競馬での最高賞金額でしたが、 現在はジャパンカップ(1着賞金2億5000万円)、 有馬記念(1着賞金2億円)に次いで3番目に高い賞金額となっています。

3歳馬による頂上決戦 東京芝2400m〔Cコース〕

速い流れならばレコード更新も
今年の2回東京は変則開催で全12日間の日程。前半6日間がAコースで、7〜10日目がBコース、11〜12日目がCコースとなっている。日本ダービーは12日目のメーンレース。つまり今週はコース替わりで、Cコースでレースが行われる。ただし、変則開催でも03年以降、日本ダービーはCコースで行われている。同コース時の幅員は25〜35m。Aコースから6m外に仮柵が設けられている。芝はイタリアンライグラスによるオーバーシードを使用している。馬場状態は非常に良好。そして時計がとても速い。前週のオークスは速い流れになったこともあり、ジェンティルドンナの勝ち時計は2分23秒6。従来の記録を大幅に更新するレースレコードで駆け抜けた。日本ダービーのレースレコードは04年にキングカメハメハがマークした2分23秒3。今週も良馬場で行われて、速い流れになればレースレコード更新の可能性が十分ある。 スタートは正面スタンド前直線から。スタート後、平坦のホームストレッチを走り、ゴール板を一度通過。そこからグルリとコースを一周する。最初の1コーナーまでの距離は約350m。1コーナーから2コーナーにかけてはほぼ平坦。約450mある長いバックストレッチを通り、3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3〜4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。東京競馬場全体の高低差は2.7mある。最後の直線距離は525.9mとなっている。

ペースは年によってさまざま
コースが改装されてCコースで行われるようになった03年以降を振り返ると、前述したように最も速い時計が出たのはキングカメハメハが勝利した04年。この年は超ハイペースとなった。同じようにハイペースとなったのはロジユニヴァースが勝った09年。この年は不良馬場の影響もあり、勝ち時計は2分33秒7。03年以降では最も遅い時計となった。ディープインパクトが勝利した05年も道中緩みながない厳しいペース。ディープスカイが勝利した08年は平均ペースで、オルフェーヴルが不良馬場の中突き抜けた昨年は平均からやや遅めのペース。そして、メイショウサムソンが勝利した06年はスローペースから、ラスト4ハロンの上がり勝負。ウオッカが勝利した07年もスローペース。エイシンフラッシュが勝利した10年は異例の超スローペースから、究極の上がり勝負だった。 このようにスローペースからハイペースまでさまざま。メンバーと馬場状態次第で大きく変わるため、その都度考える必要がある。馬場の内側がよく、先行馬が残りやすい馬場でも先週のオークスのように、淀みない流れになると大外から差し切るケースは出てくる。「各ジョッキーの読み」を読むことも大切になってきそうだ。

上がり最速馬が優秀な成績
一応、03年以降、メンバー中最速上がりをマークした馬(複数の場合もあり)の成績は【6.2.1.3】で勝率50%、連対率66.7%、複勝率75.0%と圧倒的な好成績。ラスト3ハロンで最も速い末脚を繰り出した馬が好走する確率は高い。同じ期間で脚質別成績を見ると、逃げ馬は【0.2.0.8】、先行馬は【3.4.3.26】、差し馬は【6.2.6.72】、追い込み馬は【1.2.1.41】。好走馬の数は差し馬が圧倒している。しかし、連対率は差し馬が9.3%に対し、先行馬が19.4%。オークスほど差し馬が有利というわけではない。 03年以降の枠順別成績は1枠が【4.1.0.15】でトップの成績。その他の優勝馬は2、3、6、7枠から。基本的にはフラットなコースだが、内枠の好走馬が目立っている。

1年に1度の特別配信

フェブラリーS 高松宮記念 桜花賞 中山グランドジャンプ 皐月賞 天皇賞(春) NHKマイルC ヴィクトリアマイル オークス 日本ダービー 安田記念 宝塚記念 スプリンターズS 秋華賞 菊花賞 天皇賞(秋) エリザベス女王杯 マイルチャンピオンシップ ジャパンC ジャパンCダート 阪神ジュベナイルF 朝日杯フューチュリティS 中山大障害 有馬記念 競馬ランキング